<< 時間が無いよー・・・ | top | 京都でドッキリ!? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

「恋情のキズあと」 感想

 今日でしたねー、ドラえもん。
私の家、なぜか電波状態悪くてガッサガサの砂嵐ばかりで・・・
全然遊佐ボイス聴けませんでしたよ・・・(泣)

さあて早速レビュ書くかー
続きよりどうぞ〜♪
ネタばれ注意!
 休暇を過ごすため、別荘へと向かっていた大企業の後継者・谷城貴臣は、記憶喪失の少年・唯を拾い、ふたりきりで過ごすことに。その夜、夢遊病のように貴臣のベッドに近づいた唯は、服を脱ぎ捨て、貴臣に抱きつきキスを。しかし唯は翌日何も覚えていなかった。そして次の夜もまた…。危険を感じながらも激しく唯に惹かれていく貴臣だったが…。

谷城貴臣:遊佐浩二
秋川唯:鈴村健一

今回遊佐さんが攻めですが、ものっそい喋る!!
なんとほぼ全てのトラック遊佐さんがモノローグをしております。
遊佐さん演じる貴臣は、大企業の御曹司で色々あったせいか心を閉ざしている冷血な性格。
対して鈴演じる唯は、お得意の(笑)高音キャラでございます。

あらすじは↑より(テキトーか)
貴臣は唯の行動から、唯が以前身体を売っていたのではと疑います。
確かめようとせまると、
「・・っ・・!」
「どうした?逃げないのか?それとも、そんなに抱かれたいか?」
「ちがうっ」
「じゃあやめるぞ?」
「・・・抱いて」
このCD、3Dサラウンドとかいうのを使っているみたいで。音の方向や距離が伝わるんですよねー
このシーンは近いぃ///

―抱こうとすれば嫌がり、離れようとすればすがり付いてくる・・・こいつの本心はいったいどこにあるんだ・・・―

「はっ・・いや・・こんな格好」
「どうして?その気があるなら、もっと足を開け」
「そんなこと・・んっ・・はぁっ!・・ぁあ・・・はぁ・・」
「唯・・」
この「唯・・」の言い方が・・・ッ!!(≧▽≦)
もう堪らんですわ///←落ち着け

反応を見る限り、唯は男に抱かれるのは初めてだった。
けど貴臣の世話になっているうちに好きになってしまうんですねー
貴臣も傍にいて欲しいと願います。
「・・・抱いていいか?」
ここはフェードアウトです・・

んで、唯が結局貴臣の叔父の回し者だった言う事が発覚!まー唯は催眠術かけられてたんですけど。
貴臣が女より男を相手する事が多いということを利用して寝首をかこうとしてたんです。
「安らぎなど望んだことが、間違いだったと言う事か・・・」

「好きだよ・・・貴臣」
唯は貴臣に拒絶されて、雨の中別荘を1人で出て行きます。
そして、偶然出会った河原木志穂という女性に拾われ、そのまま熱を出して病院へ。
病院へ行くために手を貸してくれたのは貴臣でしたー!!
さすがナイスタイミングやね〜☆

病院のシーンに移ると、貴臣の部下、松沼との会話があるんですがココが遊佐さんちょーかっこいいのッ!(≧▽≦)
「最後に一つだけ、質問をよろしいですか?この少年は、あなたにとってなんです?」
「私にとって、何より大切な存在だ。愛している」
「愛している」のところが全く揺らぎが無いんです。
完全に唯のことを想ってるんだなーっていうのがこの台詞で伝わります。
やっぱ遊佐さんスゲェー///←結局ソコ

そしてお互いがちゃんと気持ちを伝え合うことができましたー♪
「初めて手にした心から望むものを、この手で守ってみせる」
「貴臣・・・」

この作品は遊佐さんの『カッコよさ』を味わいたい方にオススメです。
また、攻めの心情なども描かれているので新鮮な気持ちで楽しめるかと♪

エロエロではないですけど私は満足でしたー(^o^)
ま、エチとかキスでは官能的でしたよ〜///

あーまたフリトまで書く元気無くなってもーた・・・
フリトは本編のシリアスな雰囲気とは全くかけ離れておりますッ!(笑
だって、遊佐さんと鈴だしね・・・;
あとブックレットでもはっちゃけてましたー。ジャンプしながらマイク前にいたり;
個人的に嬉しかったのが、遊佐さんと鈴のそれぞれの感想が、二人の字のまま印刷したみたいになってたことです☆
・・・遊佐さんの書くハートマーク、可愛い///
ビシャ | CD | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 21:48 | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
おすすめ商品
アクセスカウンター
ブログパーツUL5
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH